私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

代表社員のメッセージ

社会保険労務士法人 淀川労務協会 代表社員 松井文男(まつい ふみお)

 社会保険労務士法人 淀川労務協会は、1963年10月より、労働保険事務組合 淀川労務協会として誕生し、現在の会員事業所は約600社です。
 私は、1990年に入局し、法人化した2013年4月に社員(役員)となり、2015年4月より代表社員に就任し、現在に至っております。

 アベノミクス効果により景気はよくなり、人手不足が顕著になってきております。
 これからの時代において、企業として生き残り、そして成長していくためには、「人」次第であるかと思われます。
 確かに人工知能(AI)が発達してきており、様々な産業において人は要らなくなると言われてきております。
 しかしAIにとって代わる産業はもちろんあるかもしれないのですが、さらに新しい産業が生み出されていき、そこには「人」が必ず必要になってくると思われます。
 そしてよく言われておりますように、人材を人財にすることが大切で、人材を人在、さらに人災や人罪にしてはいけないということです。
 そしてこれからの企業は、従業員満足(ES)をいかに高めていくかということが非常に大切になってくるかと思われます。
 従業員満足を高めるとは従業員を甘やかせるという意味ではなく、会社が従業員のために働きやすい職場を提供し、従業員はモチベーションを高くして創意工夫をし、自分のため、お客様のため、そして会社のために頑張って働き、そして自らも成長していく。
 こういったプラスの循環にしていくことが、現在の多様化している時代においては必ず必要になってくるかと思われます。
 そのためには会社は十分な人事労務管理をしていく必要があります。
 当協会ではそのためのお手伝いをさせていただいております。
 企業防衛のための労務管理の基礎的な部分を十分強化して、そして発展的な労務管理をしていくことが、これからの企業にとって必要であるかと思われます。

 50年以上の実績がある当協会では、これまでの伝統を引き継ぎながら、常に進化しながらより一層のサービスの向上と、サービスの提供ができる組織を目指しております。
 貴社のパートナーとして是非ご活用いただければ幸いです。