私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 母の日

 業務部の長谷川です。

 5月に入り、毎年この時期になると悩むのが母の日のプレゼントです。
 何をプレゼントするか迷った末に、結局は花束など無難なものになるのですが、そもそも「母の日」というのは、いつ頃から始まったのでしょうか。

 現在の日本の母の日の由来は、1900年代のアメリカヴァージニア州が起源と
言われているようです。
 1905年、アンナ・ジャービスという女性の母親が亡くなりました。
 その後彼女は、「亡き母を追悼したい」という想いから、1908年5月、フィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配りました。

 これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。

 その後アメリカのほとんどの州にこの風習が広まり、1914年その時のアメリカ大統領だったウィルソンが、5月の第二日曜日を母の日と制定しました。

 日本に広まったのは、明治の末期の1915年(大正4年)で、教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったそうです。

 そもそもの由来が「亡き母への追悼」というのを知り、「母の日」への思いが深くなりました。
 
 今年のプレゼントには、感謝の気持ちをより一層込めたいと思います。