私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) ゴスペルのすすめ

 業務部の中司です。

社会人たる者誰しも多かれ少なかれストレスを感じているかと思います。
そこで、私のストレス解消法でもある趣味をご紹介します。

それは「ゴスペル」で、レッスンに通ったりワークショップに参加したりして、
仲間と楽しく歌っています。

ゴスペルとは、簡潔に言うとアメリカの黒人教会で歌われている歌です。

1992~1993年に公開された映画、「天使にラブソングを」や
「天使にラブソングをⅡ」はゴスペルを題材にした映画として有名です。

中でも「Oh Happy Day」という歌は、ゴスペルブームの火付け役となりました。

私がゴスペルに興味をもったきっかけになったのもその映画で、ああいう風に
歌ってみたい!と思い、始めました。すっかりはまってしまって、もうかれこれ
ゴスペル歴11年になり、私の生活に欠かせないものとなっています。

ゴスペルの醍醐味は、自由に手をたたいたりステップを踏んだりして、リズムを
感じながら仲間とのハーモニーを味わえるところ、そして思いっきり発散できる
というところです。ゴスペルは合唱の様に裏声で美しく歌うのでは無く、地声
かつ腹式(呼吸)で声を張りあげて歌うので、本当に気持ちが良くすっきりします。

でも体力も結構必要で、歌い終わった後ぐったりすることもありますが、その分
腹筋や表情筋をたくさん使い、美容と健康に良いのではないかと思います。

また、生活にメリハリがつき、精神的にも安定するので、とてもおすすめです。
参加者の年齢層も幅広いので、このまま長く続けていきたいと思います。