私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 人を動かすには

業務部の木村です。

 弊社のとある顧問先様の事業の中に、営業さん向けのセールススクールを開講されているところがあります。
 現在は弊社に併設しているセミナー開催用の会場でスクールを実施されている関係から、私もスクールに一部参加しました。
 その中で印象に残った話がひとつありましたのでご紹介します。

 営業さんが見込み客から契約をもらおうとするときに、自社の商品やサービス、社歴や取引実績などについて一生懸命プレゼンすると思います。
 これらのことももちろん大事なのですが、これは見込み客に対して商品やサービスを「説明して」「理解してもらい」「契約してもらう」という流れになります。
 スクールでは、商品やサービスの「利点を感じて」もらわないと契約には至らない、と講師が仰っていました。

 世の中には、理解して動く=理動 という言葉はないですよね?

 感じて動く=感動 が正しいアプローチと言えるようです。

 たしかにその通りだと思いましたが、さて、例えば弊社に置き換えてみたところ、どのように弊社のことを”感じて”もらえばよいのか・・・

 とても難しいですね。

 よい機会なのでちょっと考えてみようと思いました。