私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 香り過ぎに注意

 業務部の玉田です。

 洗濯に使われる柔軟剤の香りで、体調不良を訴える人が増えているそうです。
 
 柔軟剤購入時に重視する点についての消費者アンケートによると、柔軟剤
本来の目的である「肌触りよく仕上がる」より、香りが長く続く「高残香」タイプに
人気があり、メーカーが指定する量より多く使用する人もいるとのことです。

 「高残香」柔軟剤の大半の製品で匂いの強さを示す臭気指数が、自治体が
定める住宅地での工場排水の規制値並みだったという調査結果があります。
 香りが長持ちすることをうたった柔軟剤は、多種類の化学物質を組み合わ
せた人工香料が使われており、化学物質に過敏な人にとっては、タバコ臭など
と同様、害のあるものになってしまうのです。

 香りには好みがありますし、いい香りなら強くても大丈夫というものではあり
ません。
 匂いだけでなく、自分にとって良いものが他人にとっても好ましいとは限らない
こと、周囲にはいろいろな人が居るということに、きちんと配慮したいものです。