私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) サンタクロースの起源

業務部の長谷川です。

12月に入り、街のあちらこちらで、クリスマスイルミネーションが煌めいていますね。

先日、小学校低学年の娘に「サンタさんって、本当にいるの?」と尋ねられたのですが、

何と答えてよいのか、とっさに言葉が出てこなくて、「居ていると思うなぁ・・。」としか
答えられませんでした。

そもそもサンタクロースの存在は、いつからどのように始まったのでしょうか。

サンタクロースの起源とされる人物は、4世紀頃、現在のトルコの司教であった聖ニコラウスだと
言われているそうです。

彼は、日頃から貧しく困っている人を助ける心の優しい人物でした。
大変貧しく娘を売らないと生活できない家族がおり、それを知ったニコラウスが、
その家の煙突に金貨を投げ入れました。
金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下に中に入り、その家族はその金貨のおかげで
娘を売らなくても、生活ができるようになりました。

サンタクロースが、煙突から入り、靴下にプレゼントを入れてくれるという習慣は、ここから生まれました。

また彼の名「聖ニコラウス=サン・ニコラース」がオランダ訛りから英語になり、「サンタクロース」となったようです。

自分の娘が成長し、いつかサンタクロースの存在を信じなくなってしまった時は、
この聖ニコラウスの話をしてみたいと思います。