私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 世界のバレンタインデー

 総務部の野山です。

 2月14日はバレンタインデーですね。

 バレンタインデーといえば、日本では「女性が好きな人にチョコレートをプレゼントする」という習慣が広く行われていますが、各国ではそれぞれ違った習慣や風習があるのはご存じでしょうか?

 アメリカでは、「恋人に感謝の気持ちを表す日」。男性が女性へ日頃の感謝の気持ちを表してお花やチョコなどの贈り物をするようです。
ヨーロッパでは、「愛を深める日」。男女を問わず恋人にプレゼントすることが多いそう。プレゼントは、食べ物やお花のような形が無くなってしまうものではなく、形に残る物を贈るようです。
 
 韓国のバレンタインは日本とよく似ています。韓国でも女性から男性へチョコを贈る習慣があるようです。
 
 若い人たちは、華やかにラッピングされたバスケットにチョコレートをたくさん詰めて、本命の男の子に贈るのが定番だそう。大人の女性は普通のチョコレートに合わせて、香水やライター、洋服などを贈るそうです。 義理チョコのように、会社の上司や同僚、男友達にチョコレートをあげる習慣もあるそうです。

 最近は、日本でも仲の良い友達への「友チョコ」や男性から女性へ贈る「逆チョコ」、家族への感謝の意持ちを伝える「ファミチョコ」など様々な意味合いのチョコレートが増えてきています。

 どんな理由であれ、チョコレートをもらうことはうれしいことです。
とはいえ、もらえるあてのない私は自分へのご褒美にチョコレートを買おうかなと思います。