私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) そろそろ花粉の季節・・

業務部の長谷川です。

2月も中旬を過ぎ、いよいよ本格的にスギ花粉が飛散する時期となりました。

私は、10年ほど前から花粉症を患っているのですが、年々症状が重症化している気がします。
主な症状は、皆さんご存知の通り、目の痒み、鼻水、くしゃみです。
毎年、花粉症のシーズンに入り症状がひどくなってから、薬を服用していたのですが、

どうやらその飲み方は、あまり効果的ではないようです。

では、効果的な薬の飲み方とは、どのようなものでしょうか。
先に挙げた症状を抑える抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤には、効果が強ければ強いほど副作用として
眠気や倦怠感が現れることが多いのですが、即効性のある強めの薬を症状が現れてから飲むのではなく、
花粉が飛散し始める約2週間ほど前のまだ症状が出ていない時期に、副作用の弱い薬を服用するという
「初期療法」というのが、最も効果的だそうです。
(症状が出てから飲むというのは、既に体内でアレルギー反応が出てしまっているから、遅すぎるということになる。)

この初期療法により、症状が体に現れる時期を遅らせたり、症状の重度レベルを軽くする効果が得られるようです。
また副作用の弱い薬を服用するので、眠気や倦怠感も軽減されます。

いよいよこれからが花粉の季節の本番。
今年は、この初期療法を知らずに最近やっと薬を飲み始めたばかりですが、
来年こそは、早め早めの対策をとりたいと思います。