私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)正しい日本語?

 総務部の河村です。

4月に入り、新入社員らしき若い人が街を歩いているのを見ると、「ああ、春だなあ」と感じます。

私が新入~若手社員の頃は、日常会話で知りうる敬語でしか会話しておらず、改めて学んでいなかった為に、後々自分は失礼な物言いをしていたのだと知った言葉がありました。

それは、「了解しました。」という言葉です。
ベテラン社員さんなら何を今さらとお感じでしょうが、私がこれは上司やお客様に使用すると失礼に当たると知ったのは社会人として随分熟した後でした。

了解とは、物事の内容や事情を理解して承認することを意味しています。
そこには相手を敬う意味は含まれていないので、「了解致しました。」などと敬語をつける必要があります。

良く似た単語で「承知」がありますが、こちらは「承る」という敬語が単語の中に含まれているので、「承知しました。」でも失礼に当たりません。

今年も新入社員が入ってこられた現場もあるかもしれません。
しかし学生時代には「了解」は使用しても、「承知」は使用する機会がなかなかありません。
もし誤った使い方をしている社員を見つけられたら、優しくレクチャーしてあげてください。

余談ですが、私が最近意味を勘違いしていた言葉に、「確信犯」というのがあります。
これは「悪いことだと知りながら敢えて行う」ことだと思っていたのですが、本当の意味は違いました。
「自分は正しいことだと信じて行う」という意味が正解で、地下鉄サリン事件のように、自分の信仰・信条に基づいて行われるテロ行為ぐらいにしか本来は使用されないものだそうです。

先日、あるサッカーの試合で、PKを蹴ろうとするキッカーの前を、蹴るリズムを崩させるという目的でわざと横切ったと発言した選手の事を、スポーツ紙が「確信犯」と表現し批判していましたが、これは誤用というわけですね。

日本人でありながら、正しい日本語を使うというのは、とても難しいなあと感じるこの頃です。