私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)4月からの法改正の施行について

 業務部の松井です。

 4月よりいくつかの分野で法改正が施行されます。
 その中で一番我々の生活に関係してくるのが消費税です。
 平成9年4月以来17年ぶりに引き上げられます。
 今回5%から8%になり、更に来年10月には10%になる予定ですが、経済状況を見ながらの判断となりそうです。
 今年度で5兆円、来年度で8兆円の増税が見込まれているそうです。
 今回の増税では、街中インタビューでも「増税は仕方がないのでは」という意見が多いそうです。
 1000兆円を超える財政赤字や、これからの社会保障の充実の必要性を考えると増税やむなし、となるのかもしれませんが、まずは支出を減らすことを考えることが当たり前のことです。
 今年度の予算は、昨年度よりも3.5%増加の95兆8823億円で過去最大となります。
 しかしながら税収は見込みで約50兆円、あとは国債等で賄います。
 普通の会社や家計では考えられない財務状況を10年以上年続けているわけです。
 消費税をいくら増税しても1000兆円もの借金が支払えるのか?といった問題はともかく、増税した分を社会保障等に、有効に使っていただきたいものです。

 その他労務に関しての法改正は、いくつかあります。
 主なものは、「育児休業給付金の増加」、「産前産後休暇期間中の保険料免除」、「介護保険料率の引き上げ(3月より)」、「一般拠出金引下げ」、また年金については「未支給年金の請求権者の範囲の拡大」、「付加保険料の納付期間の延長」等々10項目以上こまごまと変更があります。
 さて4月から年度が変わり、気分も新たに頑張っていきたいと思います。