私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)物の進歩のスピード

 業務部の玉田です。

 「外出先で電話をする用ができて、公衆電話を利用しようとしたけど、
使い方が分からず困った。」という中学生からの新聞投稿記事があり
ました。
「通り掛かりの人に教えてもらえて助かったので、自分も困っている人を
見かけたら助けたい。」という内容のものでしが、私は、携帯やスマホを
持っていることが当たり前になったとはいえ、中学生が公衆電話を使え
なくなりつつあるということが衝撃でした。

 親や祖父母世代の物であれば、まだ現役だったり、型は変わっても
使い方は何となく分かるとか、一度は触れたことがあるという感覚なの
ですが、今の子供だと親世代で既に過去の物になってしまうのだなと。

 いろいろな物がすごいスピードで新しくなっていく世の中で、自分が老人
になる頃にはどれだけ生活が変わっていて、それらを利用して暮らして
いけるのかと不安になってきます。
 便利になっているのは確かですが要らない便利さも多い中、頑張って
新しい物についていくべきなのか、どこかで足踏みしてしまおうかと、
ちょっと考えてしまうこの頃です。