私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)クールビズ

 業務部の村上です。

クールビズが始まって9年になるそうです
積極的に取り入れる企業なども増え、 「ノーネクタイにご理解を」という張り紙も見慣れました。
昔は「ノーネクタイ」なんて考えられない!という声もありましたが、
最近では就職活動でも 「クールビズでOK」という企業もあるそうです。

そもそも「クールビズ」とは
COOL(クール)=涼しい&かっこいい+BIZ(ビズ)=ビジネスの略が語源のようです。
目的は地球温暖化を止めること。
そのために仕事場のエアコンを28度設定にし、服装もその温度に対応できるものにしよう、
というのがクールビズの中身のようです。

クールビズの服装は、基本的に
「28度設定のエアコン環境下で快適に仕事できる服装」らしく
男性であれば、「ネクタイとジャケットを外す、」というパターンが多いようですが、
環境省においてクールビズで「可」とされている服装は
ノーネクタイ、半袖シャツの2点のみです。
さらに「可だが、まだ徹底されていない」として、
ジャケットを着ず、ネクタイもせず、
半袖シャツまたはかりゆしシャツ、 ズボンはチノパン
というのが環境省のスタイルのようです。

日本人は基準の公表がないと、なかなか行動を起こしにくいようで
これ以上浸透するのはまだまだ時間がかかるのでしょうか?
最近はスーパークールビズの期間もあるようです。

職場にいる時間は通勤時間を入れると一日の半分近くになります。
職種にもよるとは思いますが、汗を拭きながらのスーツ姿より「半袖シャツにチノパン」の方が爽やかな感じがするような気がするのは私だけでしょうか?