私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

平成26年10月1日から、育児休業期間中に就業した場合の育児休業給付金の取扱いが変わります

これまでの育児休業給付金制度では、支給単位期間 中に11日以上就業した場合は、その支給単位期間について給付金は支給されませんでした。
平成26年10月1日以降の最初の支給単位期間からは、支給単位期間中に10日を超える就業をした場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下のときは、育児休業給付を支給されることになります。
取扱いの変更に伴い、様式が変更されます。詳細は下記URLをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000042797_2.pdf