私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)運動会

 業務部の長谷川です。

 先週の土曜日に、娘の小学校の運動会がありました。
当日は、お天気もよく、絶好の運動会日和でした。

 どのような内容かなと、プログラムを見てみると、
「その棒、わてのでっせ!」(棒引き)
「その舞い、本気でっせ!」(ダンス)
「そのバトン、つなぎまっせ!」(リレー)

 などなど、いかにも大阪らしいネーミングばかりで、実際の競技のほうも
とても盛り上がっておりました。

 また、昔の運動会とは、ずいぶん違うなと感じたことがいくつかありました。

 ・全ての学に、「団演」と称する演目があり、それぞれ学年ごとに流行の
音楽に合わせて個性あふれるダンスを踊る。

 これは、おそらく小学校の体育で、ダンスの授業が必修になった影響かと思われます。

 6年生の組体操でさえ、最初はアップテンポな音楽に合わせてのジャズダンス?のような
踊りから始まっていました。

 ・徒競走やリレーがすべて男女混合である。

 昔は、低学年のころはともかく、男子と女子を分けて走っていたかと思いますが、
どの学年においても、男女混合でした。
リレー種目は、高学年対象ですが、
第1走者は、6チーム中、3チームは男子、残り3チームが女子。
第2走者では、第1走者が男子だったチームは女子が走り、女子だったチームは男子が走る、
というようなものでした。

 やはり高学年ともなると、体力的に男女差があるので、混合のチームというのは、
どうなのかと思いましたが、これも「男女平等」の流れでしょうか。
(今は、出席番号や背の順番もすべて男女混合でのもので、男子のみ、女子のみで
分けることは、一切ないようです。)

 時代の流れを反映してるな、と感じた1日でしたが、ダンスの時に流れていた流行の曲が
ほとんどわからず、どの曲もみな同じに聴こえてしまい、ここでもまた時の流れ(歳をとった)を感じた
しだいです。