私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)ひつじ年の年賀状

総務部の河村です。

そろそろ年賀状の季節が近づいて来ました。
年賀状のCMを見たのはついこの間のような気がするのですが…月日の流れは早いものです。

さて、みなさんは年賀状の切手の部分をじっくりと見たことはありますでしょうか。
私はほとんどありませんでした。
毎年干支の動物が描かれていて、最近はディズニーキャラクターが描かれているものもある、くらいの認識でした。

来年(2015年)の未年の年賀状は、ちょっとじっくり見てみて下さい。
羊が手に編み棒を持っており、首にマフラーを巻いています。
そのマフラーは、12年前(2003年)の年賀状で編みかけていたマフラーだと言うのです。
12年前の年賀状の絵柄を見ると、確かに一生懸命何かを編んでいる羊が描かれています。

他にも凝っているポイントがあります。
羊の絵の下に「年賀 2015」と書いてある箇所があるのですが、その周りには棒針とかぎ針、
さらには編み物をやっている人くらいにしかあまり知られていない輪編み針というものも描かれています。

以前テレビの特集で、日本郵便の切手やはがきのデザインは、ある一人の女性がすべてやっていると見たことがあります。
このかわいらしい羊のデザインも、やはりその方の手によるものなのかも知れません。

さらに12年後、羊の編み物の腕前はどうなっているのか…
それ以前に12年後も年賀状は存在しているのか…
これからの月日の流れに、あれこれと思いを馳せることができる楽しいデザインだと思いました。