私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)早めのインフルエンザ対策を

業務部の佐藤です。

日に日に寒さが増してきましたが、先日新聞に今年11月前半の段階
で既にインフルエンザによる学級閉鎖が60クラス以上出ており、昨年
より早いペースで流行しているという記事がありました。

インフルエンザの予防・症状軽減対策として予防接種が効果的である
ことはすでに広く認識されている事かと思いますが、その他にも最近
の研究で、ヨーグルト等に含まれる乳酸菌を接種することにより免疫
力を高める効果があることが確認されています。
また、こまめな水分補給によって口や鼻の粘膜の働きを維持すること
も大切だそうです。

ちなみに、インフルエンザウィルスは、A型,B型,C型に分類され、
過去にパンデミックを起こしたのは、いずれもA型だそうです。
今年はB型が流行するという予想が出ており、比較的予防接種の効果
が出やすい型とのことです。

とりあえず予防接種に行かなければと思いつつ、ついつい先延ばしに
してしまっていますが、ワクチンの抗体ができるまで2週間程度かかる
ことを考えると、早めの対策が必要だと感じました。