私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 仕組みを変える

 業務部の木村(朋)です。

 長い渋滞に巻き込まれているとき、自分の前に車が割り込んできたらあなたはどう思いますか?

 「なんてひどい奴だ(怒)」

 普通はそう思いますよね。

 「かなり急いでいるんだろうな」

 とはまず思わないでしょう。

 このような思い込みは誰でもしてしまうのですが、このような思い込みを心理学では「根本的な帰属の誤り」というそうです。

 つまり、人間は状況を考慮せずに、他人の行動を性格と結びつける傾向がある、ということです。

 もし、あなたの部下が思うような動きをしないときは、腹を立てて彼らの行動を変えさせようと思うでしょう。

 人によっては怒鳴ることもあるでしょうが、怒鳴っても彼らの行動は根本的には変わりません。

 むしろ、反抗的になる可能性すらあります。

 多くの場合、人を変えなくても仕組みを変えることで変化は起こせます。

 興味がある方は、1980年代にGMと提携したトヨタが、問題だらけだったフリーモントの工場を立て直した逸話を調べてみて下さい。

 あなたの会社にとって有益なヒントが見つかると思います。