私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 時の記念日

業務部の長谷川です。

6月10日は「時の記念日」ですが、その由来はご存知でしょうか。

時の記念日の由来は、今から1300年以上昔の671年、
天智天皇が日本で初めて水時計を設置し、時を刻んだ日が6月10日というところから来ています。
水時計は、容器に水が流れるようにして、
その水面の高さの変化で時間を計るような仕組みとなっており、
それまで使っていた日時計より正確であったため重宝されました。

時の記念日が正式に制定されたのは1920年で、
日本国民に時間の大切さに対する意識を広めるために、
「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善、合理化を図ろう」と呼びかけました。

制定されてから100年ほど経つわけですが、朝起きてから夜寝るまで、
絶えず時計を気にしながら生活している現代の私達は、
たまには時間を忘れ、のんびり過ごしてみるのもいいかもしれませんね。