私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 夏休みの期間

 業務部の長谷川です。

そろそろ、子ども達の夏休みも終わりを迎えるところが多いと思いますが、
小学3年生(公立小学校)の娘の2学期の始業式の日が、
今年から8月25日となりました。(つまり夏休みが8月24日まで)

理由としては、「市内の冷暖房完備がほぼ整ったため、
夏休みを短くし、余裕を持ってカリキュラムに取り組む。」とのことらしいのですが、

全国的に「2学期は9月1日から」と決まっていると思い込んでいたため、
(北海道など寒い地域は、夏休みが短く冬休みが長いと知っていましたが。)、
今年から夏休みが短くなると学校からお知らせが来た時は、少々驚きました。

春休みや夏休み、冬休みなどの期間は、公立小中学校は都道府県ごとではなく、
その学校を管轄する市町村の教育委員会が決定するようです。
(公立高等学校は、都道府県教育委員会)

ただし、全国的には、8月31日までが夏休みというところが、
まだまだ多数を占めているようです。

夏休みが始まった時は「長い夏休みが始まった!」と思っていたのですが、
実際、例年にくらべ1週間短いこともあって、自由研究やら新聞制作、読書10冊に
算、国、理、社の4教科の宿題(親が答え合わせ、丸つけをしなかればならない)に
追われてしまいました。
夏休み最終日の夜になっても、結局全ては終わらず、
始業式の日の朝5時に起きて、何とか仕上がりました。

「やっぱり夏休みは長いほうがいいな・・。」と、親子共々思った次第です。