私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 自分自身の安全管理

 業務部の村上です。

毎日同じ時間、同じ車両で通勤しています。
必然的にホームにいる顔ぶれも同じ。

不思議なもので、いつもの人がいないと、なぜか気になり、2日以上続くと勝手な想像が、始まります。
学生に至っては、夏休み、テスト、進級、なぜか人の子の成長を楽しんでいます。

今朝、私のすぐ横に30代でサングラスをかけて、大きめなスポーツバッグと傘と同じくらいの長さのものを風呂敷の様なものを持った人が現れました。
私の想像が、始まりタイの爆発、関西暴力団の闘争…。次の瞬間、私の足は別の車両に向かってました。勿論、何事も無く会社に着きました。

昨今は、自分は何もしていなくても、災難に巻き込まれる事が多くなっています。ホームで携帯を使っている人、歩きながらの携帯電話も多くなっていますが、少しでもいいのでまわりの状況を意識して、自分自身の安全管理をしていく必要ではないでしょうか?