私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) ハラスメントについて

 業務部の松井です。

 最近ハラスメントの相談を受けることや、ハラスメントに関する話をする機会が多くなってきました。
ハラスメントといえば、セクシャルハラスメント(セクハラ)とパワーハラスメント(パワハラ)と思われている方が多いかと思われますが、現在は「モラルハラスメント(モラハラ)」、「ジェンダーハラスメント」、「マタニティハラスメント(マタハラ)」、「アカデミックハラスメント(アカハラ)」、「カラオケハラスメント(カラハラ)」、「スモークハラスメント(スモハラ)」、「テクノロジーハラスメント(テクハラ)」等々、30種類以上あるそうです。
 
 厚生労働省が発表している個別労働紛争相談の内訳は、平成26年度で「いじめ・嫌がらせ」が21.4%、「解雇」が13.4%、「自己都合退職」が11.9%となっております。

 つまり労務におきましてハラスメントに関係するトラブルが、圧倒的に多くなってきていると言えます。
 セクハラにつきましては、事業主が労務管理上講ずべき措置として、厚生労働大臣の指針により10項目が定められており、必ず実施しなければなりませんが、まだ実施していない事業所も多いのではないでしょうか。
 
 ハラスメントが原因でうつ病等の精神疾患になっていくケースも多く、うつ病等の精神疾患を防ぐためにもハラスメント対策が必要です。
 
 今一度皆様の事業所において、いじめ、嫌がらせ等のハラスメントはないのかどうか?
をあらゆる角度から確認していただき、もし何らかのハラスメントがありましたら、予防と対策を考えていっていただければと思います。