私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 落雷に注意

業務部の長谷川です。

先日、埼玉県の県立高校で、野球の練習試合に来ていた男子高校生が
グランドで落雷により死亡するという事故が起きました。
当時の状況は、雨は降っておらず、突然落雷に襲われたということで、
とても痛ましく感じます。

最近は、落雷による事故が多く、日本では年間20名ほどの方が落雷事故に遭い、
致死率は70%といわれております。
落雷による死亡事故で一番多いのは「広い平地での直撃」、次いで「木の下での雨宿り中での落雷」で、
この二つが半数以上を占めているようです。
雷は「高く突き出たもの」に落ちやすい性質のため、木の真下は、かなり危険です。

落雷から身を守るには、「建物の中に避難する」「車の中に避難する」必要があります。

建物や車が近くにない場合は、「しゃがみこみ、頭を下にかがめ、踵を地面から浮かせる」
という姿勢が有効のようです。

また、危険な行為としては、「傘をさす」「ゴルフクラブや釣竿を持つ」
「自転車やオートバイに乗る」などが挙げられます。

自然災害などの場合は、瞬時の判断が生死を分けると言います。
皆さんも雷には十分お気を付け下さい。