私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)睡眠不足について

業務部の村井です。

日本人の睡眠時間は世界的に見てもとても短いと言われています。

睡眠時間が短くなり、睡眠不足になると、軽い酩酊状態と同様だという調査結果もあるそうです。

そのような状態では、ヒューマンエラーが増え、事故や労働災害なども増えます。

特に前日の睡眠時間が4時間以下になると、急激にヒューマンエラーが増えることがわかっています。

また、睡眠不足は蓄積されるので、6時間以下の睡眠が14日間続くと、丸一日徹夜した状態と、同じくらい仕事の効率が落ちる、とも言われています。

このように、睡眠時間を確保することは、とても大切ですが、ただ寝れば良いというわけではなく、睡眠の質も非常に重要です。

寝る前にスマホを見ない、寝る前の飲酒は控えるなど、よく知られている方法でも睡眠の質を改善できますが、布団の選び方一つでも改善されます。

人間は、一晩寝ている間に20回程寝返りをするのが理想で、これが多すぎでも少なすぎても良くないそうで、敷布団が柔らかすぎると、寝返りする為の負担が多くなり、寝返りの回数が減ります。

逆に、敷布団が硬すぎると、身体が接触する面積が少なくなる為、接触している部分が痛くなり、寝返りの回数が増えます。

十分な睡眠を取っているにも関わらず、寝起きに身体が痛い、怠いなどの症状がある場合、敷布団が身体に合っていない可能性があるので、一度見直してみてはいかがでしょうか。

掛け布団、枕も同様に、睡眠の質に大きく関わっているので、併せて見直すと、より良いと思います。

私は、近々新しい布団が届きます。

とても楽しみです。