私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 言葉

総務部の末廣です。

娘も1歳9か月を過ぎました。
この時期の子供の成長は目を見張るものがあり
毎日が驚きです。

そんな娘の言葉の発育は…
何故か頭の文字が抜けるというもの。
『アンパンマン』 ⇒ 『パンマン』
『バイキンマン』 ⇒ 『キンマン』
『チューリップ』 ⇒ 『リップ』
といった感じです。

聞いた言葉の最後を聞きかじってるからでしょうか。
なんだか、違うものを指してるように聞こえます。

そんな娘と絵本を読んでいて
最近気になった事が一つあります。
「美味しいね」の発音?イントネーションがなんか違う?
私は生まれも育ちも大阪で
バリバリの大阪弁。主人も大阪弁。
おばあちゃんも家族全員大阪弁。
でも娘の「おいしねー(美味しいね)」は、
なんか違う気がします。

奈良に引っ越してきてから3カ月。
保育園で既に奈良弁(…なのかはわかりませんが)が
うつってきているのかもしれません。
やっぱり日中のほとんどを過ごす環境に影響されるのでしょうか。

どんな娘に育つのやら。
何につけても娘の成長が楽しみです。