私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)「恕(じょ)の大切さを改めて思ふ」

 業務部の下村です。
 ある顧問先の社長様が、生前経営で大事なこととして「恕(じょ)」の大切さを仰っていました。

 恕=他人の立場や心情を察すること。また、その気持ち。思いやり。

 私へご相談頂く内容の1,2位を争うほど多いのが、いじめ、無視、嫌がらせ、パワハラ等の人間関係に絡むことです。それがメンタルヘルス不全に繋がることも多く、上司部下間はもちろん、同僚間が非常に多くなってきています。
 また労働局への相談件数も、1位がいじめ・嫌がらせ関係とのことです。

 自分のことしか考えていない人、相手の立場を考慮できず、気持ちをわからない人・・・。そういう人が増えてきているということです。

 ある時、インターネットで田口久人氏の「美人とブスの違い」を拝見して、相手の気持ちを察し、思いやれることの大切さを改めて感じ取り、先述の社長様のお話を思い出しました。

 どれだけ仕事ができようが、難しいことを知っていようが、これが出来ていないと・・・・。
 しかし「美人とブスの違い」は最後をこう締めくくっています。
 いつでも心がけ次第で「美人」になれる。
 
 私も常に見返したいと思います。