私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)多動力

業務部の三浦です。

堀江貴文氏の著書である「多動力」という書籍が異例の売れ行きらしい。
堀江氏の主張を抜粋すると・・・

1)あらゆるモノがインターネットにつながることによって出現したのは、全業界のタテの壁が溶けてなくなった、フラットに開かれた社会(水平分業型モデル)だ。このかつてない時代では、業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」にこそ、チャンスがある。1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった。

2)あらゆる産業の“タテの壁”が溶けていく時代において、1つの肩書きにこだわっていては、あなたの価値は上がることなく、その他大勢に埋もれてしまう。いくらでも代わりのいる存在であれば、給料も上がらない。ダイヤモンドがなぜ価値があるか? それは美しいからではなく、珍しいからだ。

3)スティーブ・ジョブズは「点と点をつなげていくと、いつの間にか線ができる」と言ったが、あちこちハマっていくうちに、網の目のように散らばった点と点が思わぬところでつながる。

4)どんな分野でも、80点までは簡単にたどり着けても、100点満点を達成するまでには膨大なコストと時間がかかる。80点まではウサギの速さで駆け抜けても、そこから100点に到達するには亀の歩みになってしまう。
1度深くまでハマり、あっさりと次へ移る。これからの時代は、そうやって80点取れるものをいくつももっている人が強い。

5)時代は大きく変わろうというのに、日本人は「石の上にも三年」に代表されるような一つのことをコツコツとやる」という価値観からまだ脱せられていない。

賛否両論あるだろうが、個人的にはとても賛同できる。特に4)の部分。
イメージとして80点の情報(アドバイス)を準備するのに1時間かかるとすれば、100点の情報を準備するためには3時間かかる。その情報を正確に伝え顧客側の理解を得るにも3倍の時間がかかる。
100点の情報を1つ準備する時間があれば、1つの顧客に3種類のアプローチから80点の情報を提供できる。もしくは80点の情報を3顧客に提供できる。
労働問題が訴訟になれば白黒の争いになるので時間をかけて100点満点に近い準備をしなければならないだろう。
しかし訴訟外の労働問題については、80点情報を提供した場合と100点の情報を提供した場合とでは、3倍のコスト差があるにもかかわらずほとんどのケースで同じ結果に帰着することを実感する。
つまり、コストと成果の大きな不一致が生じることになる。これは看過出来ない。
1つの道を追求する「探究者的ビジネススタイル」は今の時代、仕事の成果と連動しないのかもしれない。
「これは私の仕事、これは私の仕事ではない」という線引きを極力排除し、専門性に執着しない80点の引き出しを数多く持ち合わせていきたい。