私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)声の印象

業務部の梶です。

有名な話ですが、アメリカの心理学者メラビアン氏によると
初対面時、人が相手を判断するのは、見た目が55%、
声が38%(声の高低、大小、テンポ、間など)であるそうです。
印象を決める要素で、多くを占めるのは外見と声であり、
言葉、話す内容は、ほんの7%だけだそうです。

人の脳は、最初に音を判断するので、話している声が先に脳に届き、
話す内容は後に届きます。先に届く声で本能的に心地よい音か耳障りな音かと判断します。
理屈ではなく本能的な感性で、その人の印象を判断してしまうのです。

そして声の印象を作る具体的な要素は声の大小、高低、明るさ、声の落ち着き度や張り、

そして、明瞭さ、話すスピード、アクセント、イントネーションなどです。

生まれ持った声質を変えることは難しいですが、話し方を工夫することで
相手に与える印象を変えることができるかもしれませんね。