私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)時給1,500円→2,000円

息子にせがまれほぼ毎日おりがみを1作品ずつ作らされ続けている業務部の三浦です。

ヤマト運輸が人手確保のため年末年始のドライバーの時給を昨年の1,500円から2,000円に引き上げるとのこと。

【これまでの推移】

1)残業代未払い/違法長時間労働問題
2)配送時間(再配達時間帯含む)短縮措置
3)配送料金値上げ、ユーザーは価格転嫁 ※ヤマトはシェアを大きく落とすことも想定の上
4)同業他社追従 ※想定外
5)業務量に変化が無いため、増員により労働時間を減らす必要性
6)労働力不足の状況下、時給単価の引き上げ画策(年末年始のドライバー1500円 → 2000円)

【今後のシナリオ?】

7)時給単価が上がれば(つまり給与が一定額確保できれば)長時間労働を望まない「ワークライフマネジメント」の風潮 ※特に若者
8)一人当たりの労働時間は増えない(増やせない)為、引き続き高い時給で積極的な非正規労働者の雇用が必要(他業態から運送業態へ)
9)他業態も非正規労働者の雇用を確保するため賃金水準引き上げ
10)働き方改革の「非正規労働者の処遇改善」が、結果的にヤマト問題主導で実現
11)物価/賃金の上昇・・本格的なインフレの始まり

このようになるかは分かりませんが、可能性は十分あるでしょうね。
勘ぐればインフレの障壁はアマゾン、楽天等のECにありとして、政策的に狙い撃ちされたのかなと。

今後の非正規雇用の賃金水準の動きは注視すべきです。