私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)ハラハラ

 
総務部の玉田です。

セクハラやパワハラなど、「〇〇ハラスメント」という言葉が次々
出てきて、現在 一般的に広まっているもので30種類程あると
言われています。

最近では、働き方改革として何の対策もしないまま残業削減
だけを命じる、時短ハラスメントがあるそうです。
他には、エアーハラスメント、エイジハラスメント、パーソナル
ハラスメント、リストラハラスメント、等々。
また、ハラスメントを受けて上司や同僚に相談したが対応して
もらえない等で二次的被害となるセカンドハラスメント、些細な
ことでもハラスメントだと騒ぎ立てる、ハラスメントハラスメント
(略してハラハラ)なんていうものも…。

本当にハラスメントになるようなことがあるのは問題ですが、
インターネットによって、新しい言葉がすぐに広まってしまうこと
で何でもハラスメントになり得る状況には、言動が難しくなった
ものだと感じます。