私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)宝くじは当たらない?

総務部の長尾です。

年末ジャンボの季節ですね。
先日、社内でも宝くじの話になりました。
一等が当たったらどうするか…

・仕事を辞めて悠々自適な生活をする
・マンションを買う
・ローンの返済

など、夢は膨らむばかりでしたが、宝くじは非常に還元率の低いギャンブルだそうです。

還元率というのは、『賭けた金額に対して、手元に戻ってくる金額の割合』の事です。

つまり、還元率が高ければ高いほど、配当金(リターン)も高くなり、購入者にとって有利になります。

日本の一般的なギャンブルで還元率を見ていくと、
・パチンコ…約85%
・競輪…75.0%
・競馬…74.1%
・サッカーくじ(toto)…49.6%
・宝くじ…45.7%
となっており、宝くじはかなり低い割合になっています。計算上は、10,000円宝くじを買っても手元には4,500円しか返って来ないということになります。

また、一等の当選確率は1000万分の1と言われており、これは、例えば東京23区民(約947万人)の中で1人以下しか当たらない計算になります。

何とも現実的で面白味のない話ですが、一攫千金の夢と発表までのワクワク感を買っていると思えば、賭けた金額も取り返している?と言えるかもしれません。