私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)1時間に〇〇ミリの雨

総務部の長尾です。

雨が多い季節になりました。
天気予報を見ていると、雨の量について「1時間に〇〇ミリの雨」という言い方をよく聞きますが、
それがどれ位の規模なのか、きちんと理解されている方は少ないのではないでしょうか。

そこで、雨量について個人的に分かりやすい言い方をしていると思ったものを集めてみました。

◆1ミリ
傘を差している人もいれば、差してない人もいる状態。

◆2ミリ
持っている人は全員傘を差している状態。

◆5ミリ
いわゆる「本降り」。運動会が中止になるくらい。

◆10~20ミリ
ザーザー降り。

◆20~30ミリ
どしゃ降り。傘を差していても濡れ、階段が滝のようになる。

◆30~50ミリ
傘は役に立たず、道路が川のようになる。

◆50~80ミリ
滝のように降る。水しぶきで視界が悪くなり、車の運転は危険。

◆80ミリ以上~
恐怖を感じる程の雨。 大規模な災害の発生するおそれが強い。

これから夏休みにかけて、行楽やレジャーなど外で活動する機会も多くなるかと思います。
また、ゲリラ豪雨や台風なども発生する季節になります。
あくまで目安ですが、 宜しければ参考にしてみて下さい。