私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)心のSOSを逃さない ー自分でも、相手にもー

業務部の下村です。
夏ですね。暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨今、メンタルヘルス不全に関連する労務相談が増えてきています。

メンタルヘルス不全の対策として4つのケア「セルフケア(自分自身で行うことのできるケア)」「ラインによるケア(管理監督者が行うケア)」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア(企業の産業医、保健師や人事労務管理スタッフが行うケア)」「事業場外資源によるケア」があります。
その中でも特に重要とされているのがセルフケアとラインケア、つまり日常意識的に行うケアになります。

セルフケア、ラインケア、言葉はよく聞かれていると思います。
しかし、なかなか現実に上手くいっていない声もよく聞かれます。
語弊を恐れずに言えば、決して難しい知識はいらないと思います。

例えば、下記のようなことについて自分で思い返し、相手のことを想い考えてみる。
それだけでいいと思います。

・今やっている仕事は、「やらされている仕事」か「自分からやっている仕事」か?
・その仕事のゴールや区切りは見えているのか?
・取り組んでいる仕事で“表には見えない”仕事・その貢献を分かっている人はいるのか?
・愚痴を言ったり、馬鹿話ができる相手はいるのか?
・趣味やテレビなど、以前関心があったことに関心がなくなっていないか?
・休みの日など布団から出られなくなっていないか?
・身だしなみや服装、食事、体型など変化してきていないか?
・口数が減ってきていないか?
・普通に街で働いている人が、キラキラ眩しく輝いて見えてきているか?
そして、
・1日、1週間がとても長く感じるか?

自分で振り返れるなら、自分で上記に当てはまると気付いているならまだ大丈夫。
相手を想い考えて、その相手が「しんどい、疲れた」 と愚痴や弱音を(意識的、無意識にでも)言っている間はまだ大丈夫。

自分で振り返れなくなった時、相手が弱音を言わなくなった時が本当に大丈夫じゃないとき。
自分で振り返れて“思い当たる”間に、相手が「しんどい疲れた」と言っている間に、自分でコントロール、相手に声かけしておく必要があります。

その、“心のSOS”を発している時を、自分でも、相手にも逃さない。
その時は「あっという間」に過ぎてしまいます。

自分で気づきストレスをコントロールする。
これは実際かなり難しいことです。
やはり自分自身で心のSOSを無意識に発して、自分もかなり悪い状況になっていることまでとは気づかず、周りもそこまで意識できず(せず)にスルーしてしまうことが多いと思います。
また、周りに相談しても、聞いてもらえなかったり、説教されたりして、逃げ場がなくなる場合もあるのではないでしょうか。
逃げ場がなくなる、自分でコントロールができなくなる、それはかなりきつい状態に追い込まれます。

わかってあげてる、わかってもらえてる人が一人でもいたら、最悪なことはおきにくい。
声をかける、そして“そっと”寄り添う。
― “そっと”。
それだけでも、その人にとって大きな助けになります。

ー人は人の中で生き、人によって傷つき、人によって癒される。
そして人の中で生きていく。

メンタルヘルス不全(またはその前段階)の状態から、立ち直るのは、最後は自分自身。
周りの助けがあっても、最後に立ちあがるのは自分の脚、自分の力。

自分でコントロールできなくなる前に、助けを求めよう。
誰か一人でもいい、その人に“そっと”寄り添ってほしい。
そして、自分で感情を整理して、自分の脚で立ち上がること。
そしてまた、自分の脚(力)で歩いていくこと。
そして自分を変えていくこと。

「生きることは変わること 変わっていくこと」
少しずつ。着実に。