私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(人事労務ニュース)健康管理に関する事項についての労使間交渉が増加 ー平成29年労使間の交渉等に関する実態調査

厚生労働省が労働組合に実施した「平成29年労使間の交渉等に関する実態調査」の結果で、健康管理に関する事項について交渉を行った労働組合が増えていることが分かった。
過去3年間に「何らかの労使間交渉があった」事項をみると、「賃金・退職給付」が89.7%で最も高く、「労働時間・休日・休暇」79.0%、「雇用・人事」65.9%などと続いた。健康管理に関する事項は52.1%で、前回調査(平成27年)比9.2ポイント増と大きく伸びている。
詳細は下記サイトをご参照ください。

■厚労省「平成29年労使間の交渉等に関する実態調査の概況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/18-29gaiyou06.pdf