私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

三浦 裕樹

経営者の「人事哲学」を最適な形で具現化し、企業の発展と社員の幸福を追求します。

三浦 裕樹

Profile

昭和53年1月24日生。

神戸大学・経営学部(人事労務管理を専攻)を卒業後、大手都市銀行にて法人融資、貿易融資担当となり、震災復興後の神戸で華僑商人に揉まれながら財務・外国為替を学んだ後、当協会に入社。

現場主義をモットーに経営者や人事担当者と一体となって労務の現場に主体的に関与し、これまで東証一部上場企業や、学校法人、第三セクター等、様々な規模・分野の労務改革に実務家として携わって参りました。

永年にわたり多数のベンチャー企業様(産学連携含む)をご支援させて頂いてきたことで、スタートアップから急成長期、安定期(IPO含む)に至るまでに生じる特徴的な労務諸問題の解消、人事コンサルティングの実績・経験・成果は極めて豊富です。

専門領域は人事制度設計、賃金設計、総額人件費管理、人事評価制度構築、評価者訓練、目標管理(MBO)、組織開発(OD)、組織活性化、アセスメント、面接指導、労務ファシリテーション業務、統廃合支援、リストラプランの設計・運用支援(整理解雇支援等)、IPO支援(審査対応)、ベンチャー企業育成、労働組合対策、人材派遣会社支援、労使トラブルの解消、従業員研修、各種講演 等。

一度生じた労務諸問題を解消するには、多くの労力、時間、費用を要します。それにも関わらず、得られた結果は上手くいってマイナスをゼロに戻したに過ぎないことが大半です。つまり、労使トラブルを未然に防ぐ制度作りや、従業員の皆様が活き活きと仕事に打ち込める組織作りに注力することこそが労務管理の真骨頂であると確信しています。

杓子定規的な理屈、実用価値に乏しい知識、過剰なリスク をお伝えすることは極力避け、潤沢な経験に基づくノウハウやナレッジをご提供することにより、各社各様の最適解へと導く実践的労務支援に全力で努めて参りたいと思います。