私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog)猛暑日の作業効率

業務部の村井です。

ここ数日、猛暑日が続いています。
ニュースなどによると、生命が危険にさらされる程の暑さとのことです。

テレビでは大げさに言っているのかと思っていたのですが、通勤中などでもいつもより多く救急車を見かけるようになり、今年はそれだけ危険な暑さなんだなと実感しました。
私自身も熱中症対策として、家では常にエアコンを使用したり、水分や塩分を摂るようにしています。

日本建築学会が行った調査では、室温が25℃から1℃上昇するごとに、作業効率が2%ずつ低下したという結果も出ております。
また、早稲田大学の教授の研究によると、冷房の設定温度を25℃から28℃に上げると15%の省エネになり、オフィス1平方メートル当たり72円の得になりますが、作業効率の面では、オフィス1平方メートル当たり13,000円の損失が生じるとのことです。

上記のような研究結果にもあらわれているとおり、オフィスを快適にすることで、快適に勤務できるだけでなく、作業効率が上がるという結果にも直結します。
今年の猛暑を乗り切る為にも、まずはオフィスを快適にしてみてはいかがでしょうか。