私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(人事労務ニュース)子育てと介護のダブルケア 50代女性で41% -ソニー生命調査

ソニー生命は7月18日、ダブルケアに関する調査結果を公表した。ダブルケア=『子育てと親・義親の世話・見守り・介護が同時期に発生する状況』である について、「現在ダブルケアに直面中」が12.3%、「過去にダブルケアを経験」が12.8%、「現在直面中で、過去にも経験がある」が4.0%で、ダブルケアに直面している人は16.3%、ダブルケアを経験したことがある人は29.1%だった。また、経験率に「数年先にダブルケアに直面する」(7.5%)を加えた、“ダブルケアが自分事の問題”という人の割合は36.6%になった。
性年代別にみると、ダブルケアの経験率は、男女とも年齢が上がるにつれ高くなり、50代男性では33.1%、50代女性では41.1%だった。
現在はダブルケアに直面していないダブルケアラーに、どのくらいの期間、ダブルケアを行っていたか過去の経験を聞いたところ、「1年以内」が33.3%、「1年超~3年以内」が28.2%、「3年超~6年以内」が20.4%となった。また、「3年超(計)」は38.5%、「10年超(計)」は10.0%で、平均期間は3.9年となった。
詳細は下記サイトをご参照ください。

■ダブルケアに関する調査2018 ソニー生命
http://www.sonylife.co.jp/company/news/30/nr_180718.html