私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(人事労務ニュース)病気の治療と仕事の両立に関する実態調査 -労働政策研究・研修機構

7月31日、独立行政法人 労働政策研究・研修機構は、「病気の治療と仕事の両立に関する実態調査」結果を公表した。
働き方改革の議論の中で、治療と仕事の両立に係る支援の強化が求められていることから、「働き方改革実行計画」を踏まえ、がん患者・難病患者等(がん・脳血管疾患・心疾患・肝炎・糖尿病・難病※)の就労実態を把握する必要があるため、個人web患者調査及び企業調査を行ったもの。 ※本調査の「難病」とは、障害者総合支援法の対象疾病にあたるもの。
詳細は下記サイトをご参照ください。

■調査シリーズNo.180『病気の治療と仕事の両立に関する実態調査(WEB患者調査)』-独立行政法人 労働政策研究・研修機構
http://www.jil.go.jp/institute/research/2018/180.html?mm=1418

■調査シリーズNo.181『病気の治療と仕事の両立に関する実態調査(企業調査)』-独立行政法人 労働政策研究・研修機構
http://www.jil.go.jp/institute/research/2018/181.html?mm=1418