私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(人事労務ニュース)働き方関連法に伴い 労基法省令を改正へー労働条件明示 FAX・メールでも可能へ

厚生労働省は、労働政策審議会分科会で、働き方改革推進法成立に伴い、労基法関連省令の一部を改正する検討に入った。
一例として、労働条件の明示において、FAXやメールでも可能とする方向。また労基法改正による有休年5日付与義務化において有給管理簿の作成が義務化されるが、付与した時季、日数及び基準日を労働者毎に明らかにする方向としている。
詳細は下記サイトをご参照ください。

■働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律の 施行に関する論点(案)省令や指針に定める項目について (※143回労働条件分科会の資料No.5を一部加工)
https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/000336493.pdf

■労働政策審議会 (労働条件分科会)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-rousei_126969.html