私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 共感疲労

総務部の玉田です。

この夏は多くの自然災害が発生しています。
大きな被害が出れば、ほぼ1日中テレビやネットでその情報を目にする
ことになりますが、ある場所での復旧がままならない内に、別の場所で
災害が起きて、トップニュースがシフトしていくような状態が続き、
ニュースを見るたび暗い気分になります。

被災された方や場所の映像を見て、そこに思いを寄せ過ぎて心身が疲労
してしまい、体調を崩したり、精神的に不安定になったりすることを
「共感疲労」と言うそうです。
被害を受けず無事でいることが申し訳ない、という罪悪感が生じること
もあるそうです。
「我が身に起こらなくて良かった」と安心するのは、自らを守るための
メカニズムであり、被災者と自分は切り離して考えることも必要と言わ
れます。

日本は地震大国ですし、異常といえる豪雨も多発するようになり、「明日
は我が身」かも知れません。
遠方で起こった状況を想像して疲弊してしまうのではなく、出来る範囲
での支援や、もし自身が災害に遭ったときに、どうすべきかを考える
きっかけにするとこが大切なんだと思います。