私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 「生産性」とは?

業務部の三浦です。

働き方改革により最近良く耳にすることとなった「生産性」というフレーズですが、皆様はどのように解釈されていますか?

「時間当たりのアウトプットの量」として理解されている方が多いのではないかと思います。

ここで、有名な1951年3月のヨーロッパ生産性本部によるローマ会議の有名なフレーズをご紹介いたします。

「生産性とは、何よりも精神の状態であり、現存するものの進歩、不断の改善をめざす精神の状態である。

それは、今日は昨日よりも、明日は今日よりも優るという確信である。

それはまた、条件の変化に経済生活を不断に適応させていくことであり、

新しい技術と新しい方法を応用せんとする努力であり、人間の進歩に対する信念である」

言わんとすることは生産性の向上を目指すのであれば「心の有り様」すべきで、
それは決して長期的なものではなく、

朝起きたときに、「今日1日をしっかり生き抜くぞ」
夜寝る前に「今日はとても素晴らしい1日だった」

と思えるように「成長欲求が伴った心の充実」が図れれば、生産性はおのずと上がるという事でしょう。

自社や自分の「生産性」の定義を今一度考えてみるのはいかがでしょうか。