私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(blog) 自分らしく過ごす。

業務部の下村です。

 

誕生日(3ヶ月ほど前ですが)

「これからも下村さんらしく過ごしてくださいね。」とメッセージをもらいました。

 

そこで、ふと「私らしさ」って何だろう?と思いました。

 

自分が思う私らしさと、周りの人が感じてる私らしさ。 合ってるのか、違ってるのか。

 

自分らしさは、時に周りとの軋轢を生み、相手を傷つけたりすることもあります。

自分自身に想像力がないと人を傷つけることになります。

周りが感じている(求める)私らしさ、に合わせると、しんどくなります。

(そもそもそれ自体、わかっていないかもしれませんが。)

人はそれほど強くない。

 

今はどの自分?本当の自分って、どれだったっけ。

(というか、それを気にしてるのは自分だけで、周りから見たら全て同じ自分なんだろう。)

 

ある人は私にこう言いました。

「自分の評価は自分でなんかわからない。周りが自分の評価を決めるんだ。」

 

また別の人は、

「周りの人がどう思ってるかなんて、気にしなくていい。いろんな自分がいて当然。それは、誰もが同じ事。」

 

また、こんな言葉を頂けた人も。

「あなたが、どこでどのような立ち位置であっても、どのように振舞っていたとしても、あなたは私の知っているあなただ。大丈夫。」

気持ちが楽になる言葉。

 

「自分らしく過ごす。」  本当にいい言葉。

それはつきつめると、本当に難しいことなのかもしれません。

だけど、いつかそれを自然に意識しなくなったとき、自分が周りからも受け入れられているのだろうと思います。

 

人は気づきと意志、意識と想像力があれば、少しずつ変わっていける。

人はそんなに弱くない。