私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

アドバイザリーサポート
(人事労務関連相談助言業務)

 HR Tec(Human ResourcesとTechnologyを組み合わせた造語)と呼ばれるクラウド型の人事労務ソリューションシステムの登場により、今後、企業が労務諸問題に対応する際に参考となる情報はそこに組み込まれたAI(人工知能)をもって誰でも簡単に手に入る時代がやってきます。
 但し、ここから得られる情報は法令を中心とした汎用性のある定型の形式知情報に留まり、労務諸問題を最適な形で処理する上で経営者や人事担当者が真に必要とする情報とは程遠いものになるでしょう。
 労務問題を真に解決するには、単に目の前の事象に着目するのではなく、「なぜ、その問題が起こってしまったのか?」について様々な可能性に思いを巡らし、検証する必要があります。

 例えば、ある社員の遅刻が急に増えているとします。

 HR Tecから得られるであろう情報は、「服務規律による指導や懲戒の積み重ね」といった単純な対処療法による回答に留まると思います。
 一方、「遅刻の増加」という事象には、「メンタル不全」や「パワハラ」、「仕事の失敗によるモチベーションの低下」、「家庭環境の問題」等々、様々な原因が考えられ、それがたまたま「遅刻」という問題として表面化することがあります。
 もしくは、当該企業で起こる様々な労務問題が実は全て組織的な原因に根差しており、対処療法のみでは根本的な解消に至らないことがあります。
 この場合、コンサルティングを中心とした全体最適化の諸施策が必要となります。

  1. 様々な企業 (規模、業種、文化、理念、人事制度 等)を知っている
  2. 様々な労働者(パーソナリティ、職務、経歴、嗜好 等)を知っている
  3. 様々な具体的事案の解決策について所内で議論・共有・均質化し、結果評価を行い、データベースとして豊富に蓄積できる
  4. 時代の変化に応じて解決策を調整できる
  5. 労働法を中心に法令(法改正)の解釈能力とリスク対応力がある
  6. 問題解決のために必要なときにはコンサルティング領域にまで対応できる
  7. 解決策を押し付けるのではなく、人事責任者の意思決定を支援するという意識をもって人事責任者と一体になって問題に取り組める

 労務諸問題を最適に解決するためには上記①~⑦を満たす必要があり、55年を超える業歴をもって上場企業から中小企業まで様々な業種の労務諸問題の効果的解決を支援してきた当協会は高いレベルでこれを実現できる数少ない事務所であるものと自負しています。

もっと詳しい情報をご希望の方は、今すぐご相談下さい。

インターネットでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ