私たちの卓越した専門性とノウハウで貴社の人事労務体制と組織力をより高いステージに導きます

(人事労務ニュース)1051号 「心の病」の年代別割合 30代が再び増加 ー日本生産性本部 調査結果

第10回「メンタルヘルスの取り組み」に関する企業アンケート調査結果 2021年12月2日 公益財団法人 日本生産性本部

「心の病」多い世代 30代が再び増加し最多に

 

主な結果は以下の通りです。

・「心の病」の年代別割合:30代が再び増加、前後の年代を10ポイント超上回り最多に。

・最近3年間の「心の病」の増減は、「増加傾向」22.9%、「横ばい」59.7%、「減少傾向」11.1%。「増加傾向」は2019年調査で増加に転じたが再び減少、過去最低に。

・コロナ禍で従業員のメンタルヘルスが“悪化した”企業は約4割。悪化の要因は「コミュニケーションの変化」が約9割と大半に。

・「健康経営」「ハラスメント」「場所に縛られない働き方改革」の取り組みで効果が上がっている企業は大幅増。「心の病」減少傾向の企業では「取り組みに効果」の割合が高い。

・ストレスチェック制度の実施目的:「法制義務化対応」とした企業が9割超と最多。一方、「生産性向上」「職場の活性化」とした企業も前回より10ポイント以上増加。

 

詳細は下記 日本生産性本部HPよりご参照ください。

 

■第10回「メンタルヘルスの取り組み」に関する企業アンケート調査結果 2021年12月2日 公益財団法人 日本生産性本部

https://www.jpc-net.jp/research/detail/005595.html